投稿

SNK すぐれた植物ナノ型性乳酸菌

イメージ
SNK すぐれた植物ナノ型性乳酸菌
植物性ナノ型乳酸菌SNK
SNKは長野県木曽地方の伝統食“すんき漬け”から発見された乳酸菌です。


すんき漬けとは長野県の木曽地方に伝わる伝統的な発酵食品。土着品種の木曽菜(すんき菜)と呼ばれる赤カブの漬物で無塩乳酸発酵を行うのが特徴。
長野県は男女ともに平均寿命が長く、アレルギーも全国平均より少ないです。
とくに長野県のなかでも木曽地方のアレルギー罹患率は県全体の約三分の一。そのことから地域住民が日常的に食しているすんき漬けすんき漬けの乳酸菌SNKが注目されました。


植物乳酸菌 ナノ型乳酸菌SNKの性質は免疫や腸の健康
SNKは死菌のナノ型乳酸菌

粒子の直径が1ミクロン以下の微粒子、かつ、水に溶かした時に一つ一つがバラバラの状態に加工した殺菌乳酸菌。体内に入ることで免疫に作用します。

特に、粒子の小さい乳酸菌は体内へ取りこまれやすいため、腸内にしっかり取り込まれやすい粒子サイズの小さい乳酸菌を大量にとることが重要。



ナノ型乳酸菌SNKは乳酸菌を微細化し、菌同士が分散するよう加工。一つ一つが極小でバラバラの状態だから乳酸菌が小腸を通過しやすいのです。






アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加



乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス


生きた乳酸菌しか意味はない?

イメージ
生きた乳酸菌しか意味はない?よく、生きて腸まで届く乳酸菌という言葉を聴くと思います。乳酸菌は人の腸内にいて、それを補うために摂取するからでしょう。たしかに生きた乳酸菌も重要なのですが、乳酸菌は胃腸の中で胃酸や胆汁酸に殺菌され手しまうことが多いです。これらに強い乳酸菌の場合はある程度生き残れますが、でも乳酸菌は必ずしも生きていなくてもいいのです。
死んだ乳酸菌、殺菌乳酸菌は人の腸内にいる乳酸菌の餌となり、今いる乳酸菌を増やしてくれるからです。

生きている生菌か死菌かで、乳酸菌によって効果は変わることもあるようなので、すべて死菌でよいというわけではないのですが、死菌も役に立つということです。




アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌(生菌)と植物ナノ型乳酸菌SNK(死菌)と酵母菌のサプリ安心無添加


乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス


植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加

植物乳酸菌 ラブレ菌の性質は生存力の強さ

イメージ
ラブレ菌 すぐれた植物性乳酸菌
ラブレ菌
京都市の伝統的な漬物(京漬物)「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。生存力がとくに強いので生菌乳酸菌として配合されています。腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌はそのまま腸内フローラに住み着くわけではないといわれますが、体外へ排出されるまで乳酸を作り悪玉菌が生息しにい腸内環境にしたり、他の善玉菌とともに腸を刺激し便秘対策となる蠕動運動を促すなど腸内フローラ改善の為に働いてくれます。


とくにこのラブレ菌は生きたまま腸まで届くだけでなく腸内で増殖する力にも優れていることも確認されています。
実験では、7日間ラブレ菌を投与したマウス、プラセボ(偽薬)を与えたマウスをそれぞれインフルエンザに感染させ3日間経過を見たところ、プラセボを投与 したマウスに比べラブレ菌を投与したマウスの方が、気道に残るウイルス量が約半分だったことが認められました。免疫力を高めることは、インフルエンザ以外 にも、花粉症といったアレルギーやガンを防ぐことにつながります。毎日の健康のためにも、ぜひ積極的に補いたい乳酸菌です。


植物乳酸菌 ラブレ菌の性質は生存力の強さ

人工胃液や人工腸内での実験結果
胃液耐性
他のポピュラーな乳酸菌と同程度の強さ。
腸液耐性
他菌株より優れた耐性で腸内で生存する力が強い

耐塩性
6%まで増殖可能(通常の乳酸菌は生育しない)


このように過酷な腸内環境でも生存していますのでしっかりと働きます。


アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加

乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス


日本生まれの高品質な植物性乳酸菌サプリメント

イメージ
日本生まれの高品質な植物性乳酸菌サプリメント

健康美容、アレルギーケアに注目の乳酸菌。ニューサイエンス マルチバイオティクス
高品質乳酸菌サプリをお探しの人に最適。日本生まれの乳酸菌が中心





ヨーグルトなど動物性乳酸菌よりも生命力が強いのが特徴の植物性乳酸菌ですが、このニューサイエンス マルチバイオティクスに配合したのは、日本古来からの長野県の木曽地方に伝わるすんき漬けや京都のすぐきの乳酸菌です。


これらは体内環境のように塩分や酸分などが多い過酷な環境下でも生きぬく力が強い乳酸菌なので、健康食品に最適な乳酸菌です。

また、乳酸菌には、生菌・死菌とありますが、どちらも配合。
余分な添加物は無添加、有名プロスポーツ選手や芸能人の食事指導実績が多数、信頼の杏林予防医学研究所開発、検定品で安心な高品質だからおすすめ。



アレルギー健康に植物乳酸菌ニューサイエンス マルチバイオティクス正規販売店
ニューサイエンス マルチバイオティクス yahoo正規販売店

ニューサイエンス マルチバイオティクス amazon正規販売店

マルチバイオティクス wawma正規販売店

乳酸菌
乳酸菌とは


ニューサイエンス マルチバイオティクス配合乳酸菌

植物性ナノ型乳酸菌SNK
長野県木曽地方の伝統食、「すんき漬け」から発見された乳酸菌で粒子の直径が1ミクロン以下の微粒子、かつ、水に溶かした時に一つ一つがバラバラの状態になるように加工された殺菌乳酸菌としました。殺菌乳酸菌は死菌とも言われます。

死んだ乳酸菌は意味がないわけではなく、むしろ腸の活性化に役立つ存在です。たとえば乳酸菌などのエサとなって腸内の善玉菌を増やします。
ラブレ菌
京都市の伝統的な漬物(京漬物)「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。生存力がとくに強いので生菌乳酸菌として配合されています。腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌は腸内フローラの為に働いてくれます。
とくにこのラブレ菌は生きたまま腸まで届くだけでなく腸内で増殖する力にも優れていることも確認されています。


ブラウディ フルーツ酵母
1920年ごろ、ベトナム現地人がライチから作っていた飲み物から、フランス人微生物学者のブラー博士が発見した天然生菌酵母です。ライチ由来なのでフルーツ酵母といわれます。



杏林予防医学研究所検定品 ニューサイエンス


乳酸菌の働きとは
植物性の乳酸菌
健康情報


亜麻仁油 選び方と食べ…

乳酸菌が玄米の約10万倍の発酵催芽玄米

イメージ
乳酸菌が玄米の約10万倍の発酵催芽玄米 吸収が良くギャバ豊富な発酵催芽玄米、それがスーパーやまだGEN氣 >ご飯に入れて炊くだけで乳酸菌を玄米の10万倍も摂取 できるだけ農薬を使わず栽培された岡山 曙米の発芽玄米を独自技術で発酵した催芽玄米です。白米でも玄米でも、炊飯前のお米に混ぜていつもどおりにご飯を炊くだけで、ギャバなどの栄養や玄米の約10万倍もの乳酸菌が摂取できて簡単に食生活が改善できます。

ニューサイエンス スーパーやまだGEN氣は、ミネラル栄養学を根幹として長年活動でする杏林予防医学研究所の開発・検定品の玄米自然食品です。発芽玄米のチカラ
玄米は、ビタミンB群やミネラル、食物繊維などを豊富に含み「完全栄養食」とも言われます。さらに発芽した玄米は、消化が良く、身体への栄養吸収が高まります。栄養面に限れば、これ以上理想的な「主食」はありません。しかし問題は味覚。玄米はパサついて味気ない、おいしくない・・・多くの人が玄米食を途中でやめてしまうのも「白米に劣る味」が大きな理由です。

発酵のチカラ

ところが、玄米を白米並みにおいしく食べる方法があったのです。それは日本人が古来から取り入れて来た「発酵」。発酵は食物の味を高めます。味噌や漬物、酒など、味覚の良い日本食の多くが発酵技術で造られています。日本酒のあの芳醇な香りと味は、お米のでんぷん質を上手に発酵して生まれたものです。おいしさだけではありません。発酵の素晴らしい点は、カラダに良い乳酸菌をたくさん生み出す点です。

乳酸菌のチカラ

食料品売場などでよく見る乳酸菌、実は普通の野菜や穀物にも含まれています。もちろん玄米も例外ではありません。スーパやまだGEN氣は独自の発酵技術を使うことで玄米の中に眠っているおいしさを引き出し、さらに乳酸菌を増量させることにも成功しました。腸の中の善玉菌を増やし、加齢によって増える悪玉菌を排除すると言われる乳酸菌の力。その乳酸菌を日本人の主食・お米の中で育み、健康パワーを増大させたのがスーパーやまだGEN氣です。乳酸菌の含有量は玄米の約10万倍にもなります。
乳酸菌は腸内フローラといわれる腸内環境を改善しアトピーやアレルギー、便秘、ダイエットなどにも人気です。
現代人を支えるチカラ

弱った腸は、健康な腸の半分も栄養が吸収できず、栄養価の高い食事もムダになります。日本人の主食から生まれた乳…

植物性の乳酸菌

植物性の乳酸菌

植物性ナノ型乳酸菌SNK
長野県木曽地方の伝統食、「すんき漬け」から発見された乳酸菌で粒子の直径が1ミクロン以下の微粒子、かつ、水に溶かした時に一つ一つがバラバラの状態になるように加工された殺菌乳酸菌としました。殺菌乳酸菌は死菌とも言われます。

死んだ乳酸菌は意味がないわけではなく、むしろ腸の活性化に役立つ存在です。たとえば乳酸菌などのエサとなって腸内の善玉菌を増やしたり、悪玉菌が好む有害物質を吸着して便として体外へ排出したり、腸に刺激を与えて免疫細胞を増やして免疫力をアップするといわれています。
ラブレ菌
京都市の伝統的な漬物(京漬物)「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。生存力がとくに強いので生菌乳酸菌として配合されています。腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌はそのまま腸内フローラに住み着くわけではないといわれますが、体外へ排出されるまで乳酸を作り悪玉菌が生息しにい腸内環境にしたり、他の善玉菌とともに腸を刺激し便秘対策となる蠕動運動を促すなど腸内フローラ改善の為に働いてくれます。

とくにこのラブレ菌は生きたまま腸まで届くだけでなく腸内で増殖する力にも優れていることも確認されています。

実験では、7日間ラブレ菌を投与したマウス、プラセボ(偽薬)を与えたマウスをそれぞれインフルエンザに感染させ3日間経過を見たところ、プラセボを投与 したマウスに比べラブレ菌を投与したマウスの方が、気道に残るウイルス量が約半分だったことが認められました。免疫力を高めることは、インフルエンザ以外 にも、花粉症といったアレルギーやガンを防ぐことにつながります。毎日の健康のためにも、ぜひ積極的に補いたい乳酸菌です。

アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

乳酸菌とは

高品質乳酸菌

乳酸菌の働きとは

イメージ
乳酸菌の働きとは



乳酸菌その効果乳酸菌といえばヨーグルトを思い出す方が多いでしょう。乳酸菌とは名前のとおり乳酸をつくりだす菌類のことで1857年に発見されました。乳酸菌は糖類やアミノ酸(たんぱく質)、ビタミンB群、ミネラル(マグネシウム等)をえさとして生きています。ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵をしていますので、そのような食品の中にいます。

乳酸菌の一部は腸などの消化管(腸内細菌)にもいて、腸内環境の健康維持に役立っていると考えられています。この腸ですが、ただの消化器官ではなく免疫機能などさまざまな働きがあり、美容健康、アンチエイジング、アレルギー対策にも重要です。第二の脳と例えられ、脳の指令がなくても働くことができ、体内の免疫細胞の70%が腸にあります。

腸内細菌の働きも大切で乳酸菌もそのひとつです。便秘で肌あれになるの腸内の悪玉菌が増えるからです。



植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

その乳酸菌には健康食品としては動物性と植物性があります。動物性はチーズやヨーグルトに生きている乳酸菌で植物性は漬物などに生息している乳酸菌です。とくに植物性の乳酸菌は生存力が強いので胃の過酷な環境でも生き抜けるので腸まで届くといわれています。





殺菌乳酸菌
殺菌乳酸菌は死菌とも言われます。つまり死んだ乳酸菌です。殺菌乳酸菌は死んでいても意味がないわけではなく、むしろ腸の活性化に役立つ存在です。
たとえば腸内で生きている乳酸菌のエサとなって腸内の善玉菌を増やしたり、悪玉菌が好む有害物質を吸着して便として体外へ排出したり、さらには腸に刺激を与えて免疫細胞を増やして免疫力をアップするといわれています。腸に刺激を与えるには細かくナノ化されているとさらに良いようです。

生きた乳酸菌
腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌はそのまま腸内フローラに住み着くわけではないといわれますが、体外へ排出されるまでの間、乳酸を作りだして悪玉菌が生息しにい腸内環境にしたり、他の善玉菌とともに腸を刺激し、便秘で悩む腸にも蠕動運動を促すなど腸内フローラ改善の為に働きますので人の健康に役立ちます。
たとえばラブレ菌という乳酸菌が生きたまま腸内まで届くとリンパ球を刺激し、インターフェロンaという免疫力をアップさせる成分を作り出すのに役立ちます。



このように乳酸菌は生きて腸まで届く菌も、殺菌された菌でもどちらも*腸内フローラで人…