投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

生きた乳酸菌しか意味はない?

イメージ
生きた乳酸菌しか意味はない?よく、生きて腸まで届く乳酸菌という言葉を聴くと思います。乳酸菌は人の腸内にいて、それを補うために摂取するからでしょう。たしかに生きた乳酸菌も重要なのですが、乳酸菌は胃腸の中で胃酸や胆汁酸に殺菌され手しまうことが多いです。これらに強い乳酸菌の場合はある程度生き残れますが、でも乳酸菌は必ずしも生きていなくてもいいのです。
死んだ乳酸菌、殺菌乳酸菌は人の腸内にいる乳酸菌の餌となり、今いる乳酸菌を増やしてくれるからです。

生きている生菌か死菌かで、乳酸菌によって効果は変わることもあるようなので、すべて死菌でよいというわけではないのですが、死菌も役に立つということです。




アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌(生菌)と植物ナノ型乳酸菌SNK(死菌)と酵母菌のサプリ安心無添加


乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス


植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加

植物乳酸菌 ラブレ菌の性質は生存力の強さ

イメージ
ラブレ菌 すぐれた植物性乳酸菌
ラブレ菌
京都市の伝統的な漬物(京漬物)「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。生存力がとくに強いので生菌乳酸菌として配合されています。腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌はそのまま腸内フローラに住み着くわけではないといわれますが、体外へ排出されるまで乳酸を作り悪玉菌が生息しにい腸内環境にしたり、他の善玉菌とともに腸を刺激し便秘対策となる蠕動運動を促すなど腸内フローラ改善の為に働いてくれます。


とくにこのラブレ菌は生きたまま腸まで届くだけでなく腸内で増殖する力にも優れていることも確認されています。
実験では、7日間ラブレ菌を投与したマウス、プラセボ(偽薬)を与えたマウスをそれぞれインフルエンザに感染させ3日間経過を見たところ、プラセボを投与 したマウスに比べラブレ菌を投与したマウスの方が、気道に残るウイルス量が約半分だったことが認められました。免疫力を高めることは、インフルエンザ以外 にも、花粉症といったアレルギーやガンを防ぐことにつながります。毎日の健康のためにも、ぜひ積極的に補いたい乳酸菌です。


植物乳酸菌 ラブレ菌の性質は生存力の強さ

人工胃液や人工腸内での実験結果
胃液耐性
他のポピュラーな乳酸菌と同程度の強さ。
腸液耐性
他菌株より優れた耐性で腸内で生存する力が強い

耐塩性
6%まで増殖可能(通常の乳酸菌は生育しない)


このように過酷な腸内環境でも生存していますのでしっかりと働きます。


アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加

乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス